サラリーマンが小遣い稼ぎしながら学びや気づきを情報発信していくブログ

メンタル

FXのポジポジ病にご注意!トレードの目的を見失わないように

投稿日:2019年5月2日 更新日:

FX初心者の方は、ポジポジ病に注意しなければいけません。
ポジポジ病ってどんな病気?それって治るの?と思われたかもしれません。
ポジポジ病は誰もが1度はとおる道、正直、難病です(笑)
ポジポジ病をトレードの目的とあわせてお伝えします。

 

FX目的 ポジポジ病

 

1.そもそもFXトレードの目的はなに?

サラリーマンや主婦の方には、副業としてFXを始め、本業以外に稼げる収入源を持って頂きたいです。決して、FXで一攫千金を狙うことをすすめることはしません。同じようにFXを始めても、ギャンブル的に行う人は、遅かれ早かれFX市場から消えていく運命にあります。

そうならないためにも、FXをする目的をいま一度しっかりと再認識しましょう。
FXトレードの目的は、稼ぐことです。ギャンブルと違うのは、一か八かではなく、利益の最大化のためにしっかりと日々学習していく姿勢が大事になります

給料が上がっていく保証もなく、年金もあてにならない時代に、本業以外に自分の力で稼ぐことができるもう1つの収入源となるFXは、これからのあなたの人生の強力な武器になります。日々の学習とトレードの経験を積み重ねて、FXでしっかりと稼ぐ力を身につけていきましょう。

 

2.ポジポジ病は誰もが1度はかかります

FXの目的は稼ぐことと分かっていても、注意しなければならないことがあります。FX初心者の方も、FXトレードに慣れてくると、「ポジポジ病」にかかってしまうかもしれません。自身も、以前は完全にポジポジ病におかされていましたので(笑)。

ポジポジ病とは、過剰にポジションを持ち、頻繁にトレードをしてしまう状態を一種の病気に見立ててあらわしたものです。ポジは「ポジション」を表しています。
常にポジションを保有しトレードに参加していないと心理的に不安になってしまいます。

果たしてどんな心理状態で「ポジポジ病」にかかってしまうのでしょうか。経験談をまじえながら説明してみます。

FX初心者の頃は、まだ明確なトレードルールも持たずにトレードを始める方が多いでしょう。チャートを見ていると、
何となく上がりそうな感じになってきた、よし、エントリーしよう
今度は下がりそう、売りだ
といった感じで、衝動的にトレードをしてしまいます。

ビギナーズラックで運よく勝ち続けたりすると、「よーし、また勝ってやるぞ」とポジションを増やします。逆に負けが続くと、「何とか損失を取り戻してやるぞ」と気合を入れ直して、またポジションを増やします。気がつけば、絶えず、ポジションを持ち続け、結果的に損失を増やしてしまっています。

ポジポジ病になると、チャートを見ると何とかエントリーするきっかけをムリヤリでも探し出し、ポジションを保有しようとしてしまいます。もはや、FXの本来の目的である「稼ぐこと」を忘れてしまっています。ポジションをたくさん持って、負けトレードをすることが目的ではありません

FX初心者の頃は、ポジションを持てば持つほど、負けるトレードをする確率が上がることに、なかなか気づけませんベストなエントリーポイントだけに絞り込み勝負するという考え方がとても大事です

自身もポジポジ病の時は、1日に20回くらいトレードしていました。結果的に負けトレードを量産していました(泣)。しかし、エントリーポイントを絞り込みポジション保有を減らすと、勝って利益が残るようになりました。

過去のポジポジ病者も、現在は、デイトレをメインで行い、1日のトレード回数は2~3回です。FX初心者のみなさんも、ポジポジ病にならないように注意していきましょう。

 

3.FXへの取り組み姿勢

サラリーマンや主婦の方で、お金を稼ぐという目的のためにFXでの副業を始められたのではないでしょうか。副業として稼ぐ手段をもう1つ作るために、FXはとても有効な手段であることに間違いありません。

中には、短期的にFXに取り組み、「上手くいかなかったら別の稼ぐ手段を探せばいい」という考えの方もおられるかもしれません。しかし、いろいろな副業手段を考えた場合、FXは、サラリーマンや主婦の方のライフスタイルにマッチしているという実感です。なので、FXの学習を本気で継続的に続けてほしいです。

FXのデメリットでも触れましたが、FXの奴隷になるのではなく、ハイレバレッジで一発退場するのでもなく、FXをあなたの日常生活の一部としてバランスよく組み込んで下さい。そのためにも、FXの継続学習を続けていきましょう。

 

 

休むも相場 ポジポジ病

 

4.ポジポジ病への特効薬は「休むも相場」【体験談】

FX初心者の皆さん、ジポジの恐ろしさはご理解頂けたでしょうか?

なぜ、ポジションを持ちすぎるのがよくないのか。裏を返せば、相場には負けやすい相場がたくさんあるからです。「読めない相場」でエントリーすると負ける確率が高くなります。ポジポジ病の人は、「読めない相場」など関係なく、とりあえずポジションを持たないと気がすまないというか、気持ちが落ち着かない、ということになります。

ポジポジ病にかかっていた頃は、エントリーしていないと「早くポジションを持たないと・・」と、変に焦っていたりしたのを覚えています。そして、入るべきではないところで、無理やりエントリーしてしまいます。しかし、ポジションをあえて持たない、という選択はとても大事です。

相場の世界には、「休むも相場」という格言があります。

トレードすることを休むという考え方は重要で、「読めない相場」で休むことにより、負ける確率を下げることができます。結果的に、勝つトレードだけが残るようになり、利益が残るようになっていきます

ポジポジ病の人は、負ける確率の高い相場でも、当然、勝つつもりでポジションを持っていきます。勝つつもりでポジションを増やしてはいくが、ほとんどが負けてしまう結果になってしまいます。そうではなく、「読みやすい相場」で勝てる相場だけに絞ってポジションを持つという発想が重要です。

勝てる相場を見極めるには、コツコツと経験と学習を積んでいく必要があります。まずは、自分が「読めない相場」と感じた場合は、ポジションを持たないようにしましょう。負ける確率の高いトレードをしない、つまり、「休むも相場」を是非、実践していきましょう。

 

5.まとめ

それでは、FX初心者向けのポジポジ病のまとめになります。

・FXの目的は稼ぐことである(サラリーマンと主婦は副業として)
・ポジションを持てば持つほど負ける確率は上がると心得る
・ベストなエントリーポイントに絞り込み勝負をする
「読めない相場」の時は「休むも相場」をしてみる

トレードに慣れてくると、FXの本来の目的である「稼ぐこと」を忘れがちになります。いつのまにか、トレードでポジションをたくさん持つこと自体が目標になってしまい、その状態が進行すると「ポジポジ病」を発症してしまいます。全部のポジションを勝つつもりで保有するのですが、たいていは負けトレードを増やす結果となってしまいます。もし、私はポジポジ病かも、と疑いのある方は、「読めない相場」しかない日は、むりやりエントリーポイントを探すのではなく、1度トレードを完全にお休みするという方法を試されてはいかがでしょうか

-メンタル
-, ,

執筆者:


  1. […] FXの目的でお話しましたが、利益を伸ばすことを意識しながらトレードしていく必要があります。為替相場には波があります。上昇トレンドであっても、一本調子で価格が切り上げて […]

  2. FX格言「休むも相場」でポジポジ病を撃退!【体験談】 – KOGANEMO より:

    […] FX初心者の皆さん、ポジポジ病の恐ろしさはご理解頂けたと思います。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FX大衆心理

OANDAクソポジチェッカーで大衆心理が分かる!【FXは心理戦】

FXは心理戦と言われたりしますが、自分以外のトレーダーが保有しているポジションが分かればいいと思う人もいるのではないでしょうか? 実は、人の保有しているポジションが分かる便利なサービスがあります。 こ …

損失 覚悟

FX市場から退場させられても、再び相場に戻ってくる覚悟がありますか?

FX初心者の皆さんも、そろそろ損失を出されている頃でしょうか?それとも、レバレッジをガンガンかけて一攫千金を狙っているのでしょうか? 実際、損失に対してどのように反応するかが、FXを続けるのかやめるの …

FX 勝つ習慣

FX初心者がトレードで勝つために習慣としたい5つのこと

FXで勝ち続けていく人は、どんな習慣を持っているのだろう?FX初心者の方は、そのような疑問をもたれているかもしれません。サラリーマンや主婦の方が、副業でFXをして勝ち続けていくために取り入れてほしい習 …

心理

FXで損する人と稼げる人との大衆心理のちがいは何?

FXトレーダーの中には、損切りがなかなかできないという人は本当に多いです。誰でも損失は受け入れたくありませんからね。 オープンポジションからも、含み損をかかえたままの人がたくさんいることが分かりました …

チキン利食い プロスペクト理論

チキン利食いとプロスペクト理論の密な関係

チキン利食いってなに? チキン利食いなんて聞いたことがない、というFX初心者の方も、実はもうチキン利食いされているかもしれませんよ~(笑) ここでは、チキン利食いを解説するために、人間の投資行動での心 …