サラリーマンが小遣い稼ぎしながら学びや気づきを情報発信していくブログ

知識

仮想通貨を「暗号資産」と呼んでいく方針、通貨でなくなるの!?

投稿日:

暗号通貨
たしか2018年12月に、金融庁はビットコインなどの仮想通貨の呼び名を暗号資産に改めると新聞に出ていました。

その時、改称の時期については決められていませんでしたが、当時の国会で、安倍首相が、
仮想通貨について国際的な動向を踏まえて、今後は暗号資産と呼びたい」と答弁したようです。

これで、今後は暗号資産の呼び方が定着していくのでしょうか?

仮想通貨元年と言われた2017年から、よくもわるくもだいぶ仮想通貨という言葉が浸透してきた矢先の変更に、戸惑う人も出てくる気がします。

実際、仮想通貨の名称で事業登録している企業もたくさんあるようで、業界団体からは反対の声も上がっているようです

世界的にみると、G20など国際的な議論では「暗号資産(crypto-asset)」という呼称がすでに標準となっています。

ビットコインは、国内でも支払の決済手段として使われているので、その意味では「通貨」の機能を有している一面もあります。

しかし、まだ、価格の暴騰や暴落を繰り返し、投機の対象と見ている市場参加者も多い現状を考えると、いわゆる法定通貨とは区別するというイミでは「暗号資産」への名称変更に賛成です。

日本では、あたりまえのように仮想通貨(バーチャルカレンシー)と呼ばれていますが、世界では、暗号通貨(クリプトカレンシー)があたりまえの呼び方です。

2017年に仮想通貨を調べていた時に、暗号通貨とは、高度な暗号理論を使って取引を安全におこなう通貨であり、仮想通貨という呼び方は、日本だけの呼び方と学んだことを思い出しました。

2018年の仮想通貨市場は、本当に野放し状態だったと言えます。

個人的にもかなりICOでやられてしまいました。

ICOで詐欺コインをつかんだことがある1個人としては、コンプライアンスのかけらもない偽トークンはすべて淘汰される仕組みが必要と感じます。

そして、2019年3月、資金決済法および金融商品取引法の改正案が決定されたので、日本固有の「仮想通貨」から世界標準の「暗号資産」に正式に変更されていく予定です。

暗号資産になることで、今後は、金融庁がある程度の規制をすすめていく方向性なのでしょう。

今回の暗号資産への名称変更は、チャンスでもあります。

あやしいトークンが今後一掃されて規制がどんどん整っていくと、将来性のある良いプロジェクトがICOで資金調達できる流れができるかもしれません

2017年のビットコインの投機的な急騰ではなく、淘汰された暗号資産が長期的な確実な上昇トレンドの流れを作っていく気がします。

暗号資産への名称変更を機に、将来価値の見込めるものだけが暗号資産として残る流れができることを期待したいです。

なので、個人的には「暗号資産」への名称変更は大歓迎、ぜんぜんOK、まったく影響なしです。

 

あっ!1つだけありました。

この記事のカテゴリ名を、今から仮想通貨から「暗号資産」へ変更しなければ。。(笑)

-知識
-, ,

執筆者:


  1. […] 号資産」に変更される動きがありました。「仮想通貨」がこれだけ浸透しているなか、「暗号資産」に呼び方が統一されるのかは疑問ですが。。。たとえ、何と呼ばれようが、私たちの […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブロックチェーン

全世界でデータを共有?仮想通貨ブロックチェーンのしくみ

勉強をした人でも、どこかややこしいイメージが残るブロックチェーン。 これまで、仮想通貨(暗号資産)をさけてきた人は、間違いなくブロックチェーンにも見向きもしてこなかったでしょう(笑) 説明するのも、な …

ビットコイン通貨単位 BTC Satoshi

ビットコインの通貨単位はなに?BTC(ビーティーシー)とSatoshi(サトシ)

いまさら聞きにくいが、ビットコインの通貨単位ってなに? 仮想通貨(暗号資産)にまったく接してきていない方の中には、通貨単位についてご存じない方もおられるでしょう。 なので、仮想通貨(暗号資産)の主軸通 …

仮想通貨詐欺コイン

仮想通貨の詐欺コインにだまされないですむ3つのポイント

仮想通貨(暗号資産)はあやしい、詐欺だ、という声がいまだに聞こえてきます。 なぜなのでしょうか? おそらく1番の原因は、ちまたにあふれている詐欺コインのせいではないでしょうか? 実際に詐欺コインをみて …

仮想通貨登録業者

仮想通貨の法律と登録業者をおさえておけば安心!仮想通貨詐欺を防止

仮想通貨はだいぶ身近になったとはいえ、FXと比べるとまだまだ歴史は浅いです。法律などの制度面も整備していってはいるものの、まだ、仮想通貨詐欺などがあとをたたないのが現状です。ここでは、日本での仮想通貨 …

取引所 販売所

仮想通貨(暗号資産)の取引所と販売所はいったいどう違うの?

仮想通貨(暗号資産)を売買する場所として、取引所と販売所の2種類があります。中には1つの業者が、取引所と販売所のどちらも扱っている場合もあります。この2つはどう違うのでしょうか? ここでは、取引所と販 …